カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングは、金融機関からの借り入れという点では同じですが、昔は区別されていました。
もともとの違いを紹介します。
まずカードローンは、最初に金融機関に利用限度額を決められて、その範囲内で自由にお金を借り入れできるというタイプの金融サービスです。

たとえば利用限度額が100万円になった場合、100万円を超えない範囲で何度でも借り入れができるのです。
50万円ずつ2回借りたり、10万円ずつ10回借りたり、最初は1万円で次に99万円借りたりと、どのように借りるかは自由です。
それに対してキャッシングは、一括での借り入れとなっていました。
100万円の融資の場合は、小分けではなくいきなり100万円が手に入るのです。

そして返済も、カードローンは基本的に月々のリボルビング払いとなります。
借り入れした金額に関係なく、定額ずつ返済していくのです。
10万円借り入れしていた場合でも、100万円借り入れしていた場合でも、月々の返済額は最初に設定した金額となります。
小額に設定しておけば、月々の負担は少なくて済みますが、その分完済できるまでの期間が長くなります。
一方キャッシングは、借り入れと同じく返済も一括でした。

昨今ではリボルビング払いが可能なキャッシングもありますが、基本的には一括で借り入れをして期日までに一括返済をするという金融サービスなのです。
このようにカードローンとキャッシングは、それぞれ内容が大きく異なっていました。
今ではカードローンもキャッシングも同じ意味で使われるようになり、利用者も増えています。

emblem-defaultカードローンの比較で条件にある借入先を探せます!詳細はコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ