専業主婦のカードローン利用

毎月夫の給与だけでやりくりする専業主婦でも急にお金が必要になるときがあります。
急な不幸があって香典を用意しなければいけなかったり、出張費の立替など数万単位での急な出費にはすぐに対応できない家庭も少なくありません。
毎月の生活はきちんとやりくりできていても、貯蓄ができない家庭は増えています。
夫の給与も上がるどころか下がっている家庭も多いのです。
最近では専業主婦のカードローン利用が増えています。
銀行のカードローンなら専業主婦でも借りられること、10万円かりても毎月二千円~三千円の返済で済むなど家計を圧迫しない返済ができるところが魅力的です。
専業主婦は配偶者に安定した収入があるという条件の下に借入が認められます。

しかし実際に自分に収入がないので必然とお金をやりくりして返済にまわすことになります。
そのため専業主婦の融資限度額は30万円~50万円に設定している金融機関がほとんどです。
限度額が30万円であっても誰でも30万借りられるというわけではなく、Aさんは20万円まで、Bさんは30万円までと審査によって限度額は変わってきます。
限度額の範囲であれば何度でも借りられます。
30万円の限度額が認められても10万円だけ必要なときは10万円だけ借りてできるだけ早く返済しましょう。
「必要なだけ借りてできるだけ早く返済する」のが無理なくカードローンで借りる基本です。

emblem-defaultカードローンの比較で条件にある借入先を探せます!詳細はコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ