貸し出しを規制する総量規制とは?

カードローンは、銀行または消費者金融で利用することができます。
銀行と消費者金融のカードローンは、それぞれ特徴が全く異なっています。
比較すると、まず銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていて、逆に消費者金融は対象内となっています。
総量規制とは金融機関に通達された行政指導で、借り入れを申し込んできた人の年収の3分の1までしか貸し付けしてはいけないというものです。

つまり総量規制の対象となっていない銀行のカードローンでは、年収の3分の1以上の額でも借り入れが可能なのです。
たとえば年収が300万円の人は、100万円以上の利用限度額に設定することができます。
また年収が0円の専業主婦でも、10万円や30万円程度の小額を利用限度額とすれば、借り入れが可能となります。

それに対して総量規制の対象となっている消費者金融では、年収が300万円の人は利用限度額を100万円以内にしなければ審査に通ることができません。
専業主婦にいたっては、借り入れすること自体が不可能で銀行のカードローンなら申込みが可能です。
消費者金融が総量規制の対象となっていて、銀行は総量規制の対象外となっているからです。
運営に辺り守らなければいけない法律が消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法と違います。
お金の貸し出しを制限する法律は貸金業法で定められたものですので、銀行は関係ないのですね。
銀行と消費者金融のカードローンは、このように特徴は異なっていますが、どちらも便利に利用できるものだと言えます。

emblem-defaultカードローンの比較で条件にある借入先を探せます!詳細はコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ