銀行のカードローン金利が低い理由

カードローンは、金融機関によって金利の設定が異なっています。
法律で決められている範囲内で、それぞれの金融機関が独自の金利を設定しているのです。
一般的に消費者金融系のカードローンは、金利を18%かそれに近い数字に設定している場合が多いです。

これは10万円から100万円までの借り入れの場合は、法律で18%を上限としなければならないと決められているからです。
金利を高くすればするほど儲けることができますから、貸金業を専門におこなっている消費者金融では、上限ギリギリの数値で金利を設定しているわけです。
一方銀行は、貸金業以外も手広くおこなっていますし、そもそもの資金力が高いので低金利での貸し付けを可能としています。

そのため100万円までの比較的小額のカードローンでも15%前後を金利として設定している場合が多いです。
銀行ではその資金力により高額融資も可能なのですが、借り入れする金額が高くなればなるほど、金利は低くなります。
銀行によっては、数百万円という高額を利用限度額としたカードローンの場合は、3~4%という非常に低い金利が適用されることもあります。

また、金利を一律15%ほどに設定している銀行もあります。
借り入れする金額が多くても少なくても関係なく、一定の数値となっているのです。
このように金利の設定は金融機関によって、かなりの違いがあります。
そのためカードローンをどの金融機関で申し込むかは金利をしっかり比較して決めることが必要です。

emblem-defaultカードローンの比較で条件にある借入先を探せます!詳細はコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ